ダイビング・高山病 愛知県瀬戸市のこだま耳鼻科クリニック

病気の話

他の耳鼻咽喉科の病気

下記疾患に関して、
お気軽にご相談ください。

耳疾患 耳鳴、乗り物酔い、外耳道異物、補聴器適合など
神経疾患 顔面神経麻痺、顔面けいれんなど
鼻疾患 老人性鼻漏、鼻副鼻腔腫瘍、鼻内異物など
口腔・咽頭疾患 口内炎、味覚障害、睡眠時無呼吸症候群、咽頭異物(魚骨)など
喉頭疾患 反回神経麻痺などの声がれ、喉頭炎、喉頭アレルギーなど
頭頸部腫瘍疾患 口腔・咽頭・喉頭腫瘍、甲状腺腫瘍、唾液腺腫瘍、頸部リンパ節腫脹など
その他 インフルエンザ、プール熱、耳下腺炎、唾石症など

ダイビングの際の痛み

ダイビングで耳抜きがうまくできない

スキューバダイビングで潜行する際、耳抜きがうまくいかない方はご相談ください。
薬剤は保険外となりますので、よろしくお願いします。

ダイビングの際の頭痛や頬部痛

鼻腔と副鼻腔のガス交換がうまくできない時に起こります(サイナススクイーズ)。
薬剤は保険外となりますので、よろしくお願いします。

肺疾患や心臓疾患のある方はもちろんですが、外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎、ひどいアレルギー性鼻炎の方は、スキューバダイビングは控えてください。

高山病

高地では、気圧の低下とともに、大気中の酸素分圧の低下が起きます。
例えば富士山頂(3,776m)では、平地と比べ気圧は約2/3、酸素分圧も50mmHg台に下がり、血中飽和酸素濃度も80%台にまで下がります。このような環境下では、体は低酸素状態となり、全身の臓器の浮腫が起こります。
高山病は一般的には、標高2,000m以上で起こるといわれ、症状としては頭痛、吐き気、全身倦怠感、めまいなどが起こります(山酔い)。
さらに症状が進行すれば、思考力低下や傾眠(脳浮腫)あるいは呼吸困難(肺水腫)になるといわれています。

予防としては、

  1. ゆっくりと高度を上げる
  2. しっかり水分補給する
  3. ちゃんとしたトレーニングを行う
  4. 基礎疾患がある方はそのコントロールをする

などがあります。

症状が出たら、下山と酸素が第一選択です。
薬剤の治療法、予防法もありますので、ご相談ください(薬剤は保険外となります)。

ページトップへ戻る

WEB予約
患者様の声投稿

WEB予約

患者様の声投稿