院長ブログ

トップページに戻る

ゾレア®(オマリズマブ) 重症花粉症の治療

  • 2022年10月11日

ゾレアとは

ゾレアはスギ花粉症の重症・最重症症状の改善に効果の期待できる治療薬です。飲み薬や点鼻薬などで症状が改善されない、効果が不十分だった方に治療ができ、2020年から新しく保険適用となった治療方法です。

ゾレアは花粉症症状を引き起こすIgE抗体と結びつき、アレルギー反応を元から抑える働きをする薬です。治療適用となる条件や治療の流れについて、まとめましたので花粉症にお悩みの方はぜひご覧ください。

 

 

こんな悩みを抱えている方へ

・飲み薬や点鼻などの治療で思ったような効果がでなかった

・スギ花粉症に毎年悩まされている

・鼻水、くしゃみなど症状のせいで仕事や学業に集中できない

・受験シーズンに症状や薬の副作用などを避けたい

 

 

ゾレアで期待できる効果

・くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなど症状の改善

・花粉症症状が緩和され仕事や学業に集中できる

・効き目と副作用の弱い薬で症状が抑えられるようになる

投与数日~2週間程度で効果が出始めますが、効果は1か月程度のため、花粉症飛散シーズンには2または4週間ごと継続治療が必要です。

 

 

ゾレアの治療の流れ

当院ではゾレア治療は実施しておりませんが、スギ花粉などアレルギー検査を実施しております。アレルギー検査の結果、ゾレアが適用となり、ご希望の方についてはゾレア治療可能な医療機関への紹介を行います。

 

1回目受診

1日のくしゃみの回数や鼻をかむ回数に基づいて、重症花粉症かどうか診断します。

重症花粉症診断基準

 

アレルギー検査を実施したことのない場合や、前回検査から1年以上経過している場合には、特異的IgE抗体を調べる検査を行います。ゾレアでの治療適用となる場合でも、抗ヒスタミン薬や点鼻薬などで治療を開始して、効果が不十分な場合に紹介をおこないます。

 

 

ゾレアの治療対象

ゾレアを使った治療を受けるためには以下の要件を満たしている必要があります。

・重症又は最重症の季節性アレルギー性鼻炎で、前のシーズンでも重症症状があった

・スギ花粉に対する特異的IgE抗体がクラス3以上である

・スギ花粉症の治療を飲み薬や点鼻薬、点眼薬で行ったが効果が不十分だった

・12歳以上で血清中総IgE濃度が30~1500IU/mL、かつ体重が20~150㎏の範囲にある

 

ゾレアの薬剤費

ゾレアは患者さん1人1人の総IgE値と体重によって決められています。

総IgE値は血液検査を行って調べます。薬剤費や自己負担額について分からないことがあればお気軽にご相談ください。

ゾレア自己負担額

 

ゾレア実施時の注意

ゾレアは従来の治療法で効果が不十分だった方に適用される治療で、全ての方が治療開始できるわけではありません。対象年齢や症状など一定の条件を満たす必要がありますので、ゾレアの治療対象の項目をご確認ください。

 

通常の診療に比べて薬剤費が高額になりやすいので、治療開始される際には説明をしっかりと理解したうえで治療開始されることをお勧めいたします。なお、子ども医療費助成制度や収入や総治療費によっては高額療養費制度の対象となりますので、自治体や保険会社にご確認ください。

核酸増幅検査(NEAR法)

  • 2021年08月08日

新型コロナウイルスの核酸増幅検査(NEAR法)を行っております。

RT-PCR法に比べて、短時間(20分~30分)で判定でき、日本入国や一部の海外への渡航に関して、公式に認められている方法です。

当院には、NEAR法の検査器3台 RT-PCR検査器1台あります。

唾液ではなく、鼻咽頭ぬぐい液で検体採取します。完全予約制です。

国内移動の陰性証明や一部の海外への渡航証明にこの検査法を取り入れ、迅速に対応していきます。

海外渡航証明必要な方は、前日までにパスポートのコピーを送ってください。

検体採取の30分後には陰性証明発行いたします

PDF送付も可能です。

海外渡航でRT-PCR検査の必要な国への渡航は、従来のPCR検査(検査時間1時間くらい)で対応します。

発熱の方や濃厚接触者の方への検査にも利用しております。

 

当院の検査は渡航先への入国を保証するものではございません。入国の条件は、国によっては突然変更されることがあり、また渡航先の判断で入国ができない場合がありますので、渡航先の状況をご自身でよくご確認の上、検査をご依頼ください。詳しくは外務省 海外安全ホームページをご確認ください。

 

子どもの鼻水は吸ってあげましょう!

鼻で呼吸をするときには、空気と一緒にウイルスや細菌、花粉などを吸いこんでいますが、鼻水はこれらを吸着して、体内に侵入させないようにする働きがあります。鼻水は普段からウイルスや細菌などの侵入に備えるために常に鼻の粘膜から分泌されており、鼻水の『色』『粘り気』『量』は鼻の調子を知る重要なサインになります。

 

『色』・・・ウイルスや細菌が増加すると、無色透明→黄色→緑に変化していきます。

『粘り気』・・・風邪などにより炎症が起こっている場合、粘り気が強くなります

『量』・・・量が多い場合、ウイルスや細菌、花粉を体外に排出しようとしている状態で風邪やアレルギー症状などの時に量が増えます

 

 

鼻水はきれいではないため、時間が経つと色がついていきます。鼻の調子のサインを読み取る重要なポイントは、一回鼻水を取った後に続く鼻水の色が何色か?ということです。調子が悪い時には、緑色をしていたり、粘り気が強かったりすることがあります。

 

また、鼻水を放っておくと、奥にたまっていき、鼻水に含まれたウイルスや細菌が耳に侵入して中耳炎や副鼻腔に侵入して副鼻腔炎などの病気を引き起こすこともあります。特に、赤ちゃんや小さい子どもは、自分でうまく鼻をかめないことが多く、鼻をかんでも手前をふき取るだけになってしまい、奥に鼻水が溜まった状態が続いていることがよくあるので、鼻水をしっかりと吸い出すサポートが重要です。

 

おうちで鼻水吸引をする場合、スポイトのような機器を使われることが多いかと思います。そうした機器でも「子どもが暴れたり、痛がったりして鼻の奥までうまく入らない」ということがあり、鼻水をしっかりと吸い取れていない場合も少なくありません。

こだま耳鼻科クリニックでは、子どもが痛い思いをして鼻水を吸い出すことは嫌いにならないように、吸引器の先が丸いものやシリコン製のものを使って子どもの鼻水吸引を行っています。

 

 

オリーブ管

先が丸いことが特徴で、鼻を傷つけず鼻の穴に密着して奥から鼻水を吸い出します。

 

 

シリコン製 アマツ式吸引管

先がシリコンでできており、柔らかいため、鼻の奥まで入っていきやすく、奥からしっかりと鼻水を吸い出します。

 

 

 

 

 

当院の取り組み

  1. スタッフ全員の検温(午前、午後)
  2. こまめな院内清掃及び換気の徹底
  3. 待合で密を作らないように、間隔開けて座っていただきます。
  4. 空気清浄機を24時間動かしてます。
  5. 呼び出しシステムの導入
  6. 発熱者隔離診察スペースの確保
    駐車場内に発熱者隔離診察スペース(ユニットハウス)を設けました。
    高校生以上で、37.5以上発熱してみえる方は、WEB問診記載の上でお電話ください。
    院内に入らずに車の中で待機していただきます。

 

発熱の方の診察 (初診の方も受付します)

発熱の患者様は、年齢を問わずに原則下記の発熱外来時間に診察します。まずはお電話ください。予約をお取りします。

ご案内の時間に駐車場にいらしていただき、お電話(0561-87-4187)ください。院内に入らず、車内でお待ちください。駐車場にある別棟等で診察いたします。痛み止め、解熱剤を飲んで、一時的に解熱している方も同様です。

新型コロナウイルスの濃厚接触者で、発熱のない方もこの時間にのみ診察します。

  1. 月~水、金曜日 9時30分~11時30分
    土曜日 9時30分~12時00分
  2. 他の患者様と接することなく、駐車場にて受付・医師の診察・会計が可能です。

診察の流れ

  1. まずはお電話にてご連絡ください。
  2. 診察券のある方も、診察歴のない方も、発熱WEB問診を入力ください。車種やナンバーは発熱WEB問診で入力ください。保険証は発熱WEB問診から必ずアップロードお願いします。
  3. 予約時間にお車で駐車場までお越しいただき、到着したら、発熱外来受診で到着された旨をお電話(0561-87-4187)ください。駐車位置をお聞きします。お電話をいただきましたら、車中にてお待ちください。疾患や症状によっては、診察室での診察をお願いすることがあります。
  4. 医師と看護師がお車まで出向き、その場あるいは別棟で診察を行います。必要であれば新型コロナウイルスのPCR検査あるいは抗原検査を行います。精密な検査器械を使って診察ができないため、十分な診断ができない場合もあります。
  5. 会計や処方箋のお渡しもお車で行いますので、引き続き車内でお待ちください。
  6. 新規の患者様も前日からご予約をお受けします。

 

電話診療(電話初診)

  • 新型コロナウイルス感染症患者の増加を受け、特例措置として電話で保険診療ができる患者様の範囲が広がり、かなりの診察を電話にて行うことができるようになりました。最近受診された方でなくても、電話で診察を受けることができます。
  • 電話での診察になりますので、院内での診察と異なり、診断の精度はどうしても落ちます。疾患や症状によっては、電話での診察が困難な場合もあります。その場合は、来院して検査や診察を受けていただくことになります。
  • この電話診療は、原則として当院に5年以内に受診されたことのある成人の方が対象です。ご希望の方は、受付時間(9:00~11:30 / 16:00~18:30)の間にお電話でお問い合わせください。外来診療中の場合は、あらためて後ほど時間を決めての診察になります。携帯電話番号をお知らせください。
  • 来院していただき、保険証確認させていただいた後、外来で診療費をお支払いください。処方箋等発行させていただきます。
  • 対象となる疾患は以下です。
    花粉症・アレルギー性鼻炎

ページトップへ戻る

WEB問診
WEB予約
患者様の声投稿

WEB問診

WEB予約

患者様の声投稿