はなの病気

病気の話

花粉症

症状

持続する透明な鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみです。
また、咳が続くこともあります。
かぜの引き始めと区別がつきにくいですが、耳鼻咽喉科医は鼻の中を特殊な器械で診ることで、大まかに判断できます。

原因

スギ、ヒノキなどのよく知られている花粉のほか、カモガヤなどのイネ科の雑草花粉、ブタクサやヨモギなどのキク科の雑草花粉もあります。

治療

内服薬、点鼻薬、目薬を処方します。内服薬には毎日定期的に飲むお薬と症状の強いときに飲む頓服薬があり、症状に合わせて、数種類の薬を組み合わせて処方します。内服薬と点鼻薬を併用することで、より高い治療効果が期待できます。
当院ではスギ花粉症に対する舌下免疫療法(錠剤タイプ)による治療を行っています。花粉飛散前のレーザー手術も効果が期待できます。

飛散時期

スギ花粉は2月中旬から、ヒノキ花粉は3月中旬から飛び始めます。
スギ、ヒノキに関しては、マスメディアやネットでも飛散情報を得ることができます。
カモガヤなどのイネ科の雑草花粉は4月下旬から9月下旬、ブタクサ、ヨモギなどのキク科の雑草花粉は8月下旬から10月下旬まで飛散します。

 

ページトップへ戻る

WEB予約
WEB問診
患者様の声投稿

WEB予約

WEB問診

患者様の声投稿