のどの病気

病気の話

膿栓

膿栓とは、のどちんこの両脇にある扁桃の表面にぽつぽつと空いた穴に見られる白い塊のことを指します。膿栓はつぶれると、非常に臭いにおいを放つため、臭い玉(においだま、くさいだま)と呼ばれることもあります。膿栓のできる扁桃は、リンパ球が集まっており細菌やウイルスなどをやっつける働きをしています。風邪をひいたときなどによく、のどが腫れたというのは扁桃にあるリンパ球が働いて肥大化することによるものです。扁桃の表面積を広げて、効率よく細菌やウイルスをやっつけるようにできています。膿栓はそうした働きによって、倒された細菌やウイルスの死骸が含まれていることも臭いを放つ原因の1つと言われています。

原因

膿栓は扁桃の表面にある小さな穴に 細菌の死骸や食べ物のカスがたまることが原因です。
膿栓をとろうとして綿棒や指で触ると、口腔内の周辺組織を傷つけたり、細菌やウイルスが侵入してさらに膿栓ができやすくなることもあります。

症状

のどの違和感
口臭の原因
になることがあります。

治療

膿栓そのものが病気というわけではなく、体にもともと備わった働きによって退治された細菌やウイルスが原因となるので、そのままにされる方もいらっしゃいますが、気になる場合は専門の機器を使って洗浄や吸引して膿栓を取り出していきます。膿栓が取れた後の扁桃はポッコリと穴が開いたように見えますが、もともと小さな穴が開いている場所ですので問題はありません。ただし口腔内の状況によっては、細菌やウイルスが入り込みやすくなるため、唾液の分泌を促して口の中が乾燥しないようにしたり、うがい薬を使ったりして口の中に細菌やウイルスが繁殖しないようにするということも大事です。

ページトップへ戻る

WEB問診
WEB予約
患者様の声投稿

WEB問診

WEB予約

患者様の声投稿