みみの病気

病気の話

慢性中耳炎

中耳の炎症が慢性化し、中耳の粘膜や骨がダメージを受ける中耳炎です。鼓膜に穴があいている場合が多く、難聴も認めます。

原因

昔は急性中耳炎になっても放置されて、鼓膜に穿孔ができてしまい、慢性中耳炎となって耳だれを繰り返すケースが多かったのですが、最近は子どもの急性中耳炎を放置することはほとんどなくなり、滲出性中耳炎が難治で穿孔ができ、10歳以降もかぜをひく度に耳だれが出る場合が多くなっています。

症状

調子が悪い時は、耳だれ、耳痛、耳鳴り等を訴え、難聴も耳だれがない時より悪化します。

治療

耳の中をきれいにして、鼓膜の穴からの感染を防ぎます。入浴の際は耳の中に水が入らないように気をつけてください。
耳だれが出るときは抗生物質の内服や点耳薬で治療します。鼓膜の穴から膿を洗浄することもあります。難聴が中等度以上の場合は鼓膜形成術や鼓室形成術といった手術を考えます。
その際は基幹病院を紹介させていただきます。

ページトップへ戻る

WEB予約
患者様の声投稿

WEB予約

患者様の声投稿