のどの病気

病気の話

溶連菌感染症

症状

のどの痛み、発熱や頸部のリンパ腺腫脹が起こります。
舌表面が赤くブツブツ(イチゴ状)になったり、全身に発疹が現れることもあります。

原因

A群溶血性連鎖球菌(溶連菌)という細菌に感染して起こります。 この菌は感染力が強く、一度かかると繰り返しかかることがあります。

検査

外来で簡易検査を行い、のどの粘液を取ります。数分で判定できます。

治療

抗菌薬を1週間程度服用します。薬を飲み始めて2〜3日もすると症状が軽くなりますが、症状が消えてもきちんと最後まで薬を飲み続けてください。
途中で薬を中断すると、再発したり、腎炎などの合併症を引き起こすことがあります。

 

ページトップへ戻る

WEB予約
WEB問診
患者様の声投稿

WEB予約

WEB問診

患者様の声投稿