はなの病気

病気の話

副鼻腔炎(ちくのう症)


 

副鼻腔炎(ちくのう症)とは

副鼻腔炎(ちくのう症)は、副鼻腔に炎症が起きる病気です。副鼻腔は上記のイラストのように鼻の周囲、頬の奥や眼の奥にある骨に囲まれた空洞で、前頭洞、篩骨洞(しこつどう)、上顎洞(じょうがくどう)、蝶形骨洞の奥にある骨に囲まれた空洞で、前頭洞、篩骨洞(しこつどう)、上顎洞(じょうがくどう)、蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)の4つがあります。すべて鼻とつながっており、かぜや花粉、アレルギー性鼻炎による鼻水、虫歯、顔面の怪我などがきっかけで副鼻腔炎を起こします。
副鼻腔炎は大きく分けて「急性副鼻腔炎」と「慢性副鼻腔炎」があります。何らかのきっかけで副鼻腔炎を起こした状態を急性副鼻腔炎と呼び、急性副鼻腔炎が治りきらずに慢性化したものを慢性副鼻腔炎と呼びます。
炎症が続くと鼻の粘膜が腫れて、副鼻腔の空洞に膿が溜まる状態になる事から、蓄膿(ちくのう)症とも言われます。

症状

副鼻腔炎(ちくのう症)は、
・膿のような鼻汁が出る
・鼻がつまる
・鼻汁がのどに落ちる
・においや味がわからない
などの症状が特徴的です。
また、
・鼻汁や口の異臭
・頭痛
・頬の痛み
・歯の周囲の痛み
・耳のつまった感じ
が起こることもあります。

炎症が強くなると、眠れないくらいの激しい痛みや発熱を伴うことがあります。
さらに重症化した場合には、視力障害や髄膜炎を引き起こすケースもあります。

 

原因

花粉症や感染症による鼻風邪などによって、細菌やウイルスが鼻から副鼻腔に入ることで副鼻腔炎が起こります。通常、副鼻腔に異物が侵入しても排泄されるのですが、炎症による鼻腔の腫れや鼻水で、副鼻腔の入口が狭まって細菌やウイルスを排泄できなくなることで起こります。そのため鼻水が溜まった状態が続くと、副鼻腔炎を起こしやすくなったり、長引いたりします。

副鼻腔の中で炎症が起き、ひどい時は膿が溜まります。膿が溜まって長引くと本来備わっている、膿を排出する働きが悪くなるという悪循環に陥りやすくなります。この状態を慢性副鼻腔炎と呼び、一般的には蓄膿症(ちくのう症)とも呼ばれています。

検査

鼻の奥を見る専用の器械で鼻の中を診るだけではなく、必要に応じて内視鏡で鼻の奥やのどに膿が垂れていないかなど詳しく診察します。副鼻腔は入口が狭く内視鏡では確認できないため、必要に応じてレントゲン写真を撮影して診断する場合もあります。
また、副鼻腔の腫瘍などが疑われる場合には副鼻腔炎と区別するため、基幹病院への紹介を行い、CTやMRIを撮影することもあります。その場合は検査の日程調整、紹介状の作成も行います。

治療

【急性副鼻腔炎の場合】

急性副鼻腔炎の場合は、短期集中型での治療が大切です。1週間おきに2~3週間集中的に通院することがオススメです。症状の程度に合わせて治療効果の期待できる抗菌薬を内服していただきます。
副鼻腔炎の治療は、数回の外来治療で治すことが難しいこともあり、治療期間はある程度長くなることがあります。(慢性化したものほどそうした傾向があります)

【慢性副鼻腔炎の場合】

慢性化している場合、治療に数か月の期間がかかるため根気のいる治療になります。
慢性化した副鼻腔炎にはクラリスロマイシンという抗生剤を少ない量で数カ月内服していただいたり、漢方薬を内服していただきます。

【来院時の治療】

鼻汁が溜まっている場合には、鼻汁を吸い出す治療を行います。また、抗菌薬などを含んだ薬液を鼻の奥まで噴霧吸入するネブライザー治療も行います。
また、ご自宅にネブライザーをお持ちの方は、保険適応で吸入液の処方いたします。また、ご自宅での鼻洗浄も指導させていただきます。

【治療経過について】

鼻づまりや鼻汁の状態、顔の重たい感じ等症状の改善をみて、ポリープの消失や鼻粘膜の腫れ等が完全に治まれば終了です。副鼻腔に膿が残っていないか、レントゲン撮影を行い患者様と一緒に画像で確認いたします。

【副鼻腔炎の手術について】

鼻の処置や内服治療でなかなか治らない場合は、手術をおすすめする場合があります。手術は当院ではできないため、連携する基幹病院に紹介します。
現在、副鼻腔手術は、内視鏡手術が主流です。内視鏡手術では、手術中、手術後の痛みがかなり抑えられるようになり、術後の合併症もほとんどなくなりました。
ただし、中学生までは副鼻腔が成長、発達過程のため、一般的には手術は行いません。内服しているお薬で症状の改善が見られない場合には、薬の見直しも行いますのでお気軽にご相談ください。

 

ページトップへ戻る

WEB問診
WEB予約
患者様の声投稿

WEB問診

WEB予約

患者様の声投稿